祝って欲しい人だけ招待し少人数の結婚式を

広い結婚式場で義理だけの人も含めて招待客が100人以上の派手婚。
そんな時代もバブル期にはたくさんありました。
新郎新婦でありながら招待客の人数が多すぎて、結局お客様のひとりひとりと会話する時間さえなかったとか新郎新婦が遠すぎてマメツブほどに見えたなんていう話もザラでした。
しかし、あれから数十年、結婚式のスタイルも大幅に変わり、今では本当に祝って欲しい人だけを招待して少人数の結婚式を行いたいというカップルが増えてきているそうです。
私も先日、そんな結婚式にお呼ばれしてきたのですが、親戚と友人だけの少人数だけで行われた結婚式で、マイクを使わずとも全員に声が届く始終新郎新婦の笑い声に包まれ大変アットホームな微笑ましいものでした。

絶景をバックに記念撮影

沢山種類があるのですが、名前を入れられる風船もあるので、バースデーパーティにも使えます。

挙式の参列者が嬉しいデザインを

ヘアーメイクもバッチリ対応

結婚式にバルーンブーケ
をお届けします

結婚式に参加できない場合は電報を使おう

友人や親戚の結婚式に招待されたのに、事情があって出席できない場合というのは非常に残念なものです。
その場所に行けなくても、当日に何とか祝福の意を伝えたい、そんな時は電報を利用してみましょう。
前もってお願いすることができるので、当日忙しい場合でもしっかりメッセージを届けることが可能ですので、とても便利です。
結婚式に参加できなかった方からのメッセージを大勢の方の前で発表してもらうのは、新郎新婦にとっても非常にうれしいものです。
現在は、結婚式用の電報の種類もさまざまです。
シンプルなもの、お洒落なもの、キャラクターものなど実に多種多様です。
カードのほかにぬいぐるみやフォトスタンドがセットになったものもありますので、二人に合ったものを贈るのが一番ですね。