少人数の結婚式でも満足

少人数の結婚式を選ぶ人が増えてきている。
結婚式は豪華にあげたいと思っている人は招待客をたくさん呼ぶが、そうすると予算もかかるし、席を考えるのが大変である。
少人数だとレストランで食事、で終えることができるので、披露宴を考えなくてよいのはかなり楽である。
挙式をどこか別であげて、ご飯は移動して食べる。
それだけでも立派な結婚式だろう。
ただ少人数だと華やかさに欠けるので地味に終わってしまうだろう。
時間とお金がない人にとってはよい方法かもしれない。
基本両家だけで終わるので、友達のドレス姿が見れないのは残念かもしれない。
何より挙げる側としては決めることが少ないのと準備するものが少ないのはかなりメリットである。

絶景をバックに記念撮影

沢山種類があるのですが、名前を入れられる風船もあるので、バースデーパーティにも使えます。

挙式の参列者が嬉しいデザインを

ヘアーメイクもバッチリ対応

結婚式にバルーンブーケ
をお届けします

長男と結婚することについて

結婚とは男女の結びつきだけではありません。
家同士の結びつきでもあります。
そのため、長男と結婚することは大変であると一般的には言われています。
その家を事実上継ぐことになるわけですから、責任は重大です。
男性側の親との同居の可能性がありますし、病気などで倒れた場合や介護が必要になった場合などは面倒を見たり、あるいは先祖代々のお墓を守っていくなど、さまざまな面で代表としてやっていかなくてはならないので大変ではあります。
しかし、好きになる男性を決めるのに長男かそうでないかを基準にするのは、あまり推奨されるべきことではありません。
長男のお嫁さんになったとしても、大変なことを回避する方法を考えることは可能です。
長男の方と結婚することになっても、前向きにとらえていくようにしましょう。